Akiller's Self-satisfaction Photographs


by cyunpei

フォーミュラニッポン第6戦ツインリンクもてぎ その2

フォーミュラニッポン第6戦ツインリンクもてぎ その2です。
その2のテーマは「引き」と「上から目線」です。

「引き」はそのまんま、いつもより短いレンズを使ってみる。当然のことながら、マシンよりも風景が大半を占めます。

「上から目線」は別に偉そうにするわけではないですよ~
ツインリンクもてぎは例えるならば、お椀の底の部分にコースがあって、観客はお椀の縁から見ているような感じですよね。
で、自分もそうですが、カメラマンはこぞって土手を降りていき、少しでもマシンの近くで写真を撮ろうとします。
今回はその逆で、だったら他の人よりも高い位置から撮ってみようじゃないか、と思ったわけです。

1枚目
機材データ:EOS-1D Mark3 + EF70-200mm F2.8L IS USM
撮影データ:ISO50 1/8 F32
c0169153_233624.jpg


2枚目
機材データ:EOS-1D Mark3 + EF70-200mm F2.8L IS USM
撮影データ:ISO50 1/8 F32
c0169153_234379.jpg


3枚目
機材データ:EOS-1D Mark3 + EF70-200mm F2.8L IS USM + Extender EF×1.4(II)
撮影データ:ISO50 1/8 F20
c0169153_2352459.jpg


2枚目だけは結構コースに近づいてますが、他は土手の1番上から撮ってます。
2枚目は青空でなかったことが悔やまれます。
次回、青空の時にリベンジしてみたいですね。

3枚目はもっと引いてみたりいろいろと試行錯誤してみたのですが、あまり引きすぎると背景がうるさくなってしまうので、この位がちょうどいいかな、と感じました。

「引き」の写真は背景のことも考えなきゃなんないのでちょっと難しいですね・・・・
[PR]
by cyunpei | 2009-08-20 23:13 | Formula Nippon | Comments(0)