Akiller's Self-satisfaction Photographs


by cyunpei

雨晴海岸

JR西日本氷見線雨晴駅の目の前に拡がるのが、雨晴海岸。
先日の北陸旅行の際、立ち寄る予定は全くなかったのですが、氷見線から眺めた風景の素晴らしさに、雨晴駅で途中下車してみました。

「雨晴」の名は、京都から東北へ逃亡する源義経が、この近くの岩陰(義経岩)でにわか雨の晴れるのを待ったことに由来すると言われているようですが、この日は晴れることはなく、雨は一層強くなるばかり・・・
スナップもほどほどに、雨晴駅で戻りの列車がくるまで雨宿りとなってしまいました。

1枚目
機材データ:EOS7D + EF16-35mm F2.8L USMII
撮影データ:ISO100 1/100 F8
c0169153_21413719.jpg


2枚目
機材データ:EOS7D + EF16-35mm F2.8L USMII
撮影データ:ISO100 1/100 F8
c0169153_2143813.jpg


3枚目
機材データ:EOS7D + EF16-35mm F2.8L USMII
撮影データ:ISO100 1/160 F4
c0169153_21434093.jpg


(雲が低くて暗い印象が強く残っていたので、あえてモノクロで現像してみました)
[PR]
Commented by a103e1974 at 2010-03-22 23:26
いいですね。あえてモノクロ。いや、機転をきかせてモノクロだったんですね。でもいい感じです。
Commented by cyunpei at 2010-03-25 22:05
そうですねぇ、なんとなく撮ってるときから色味感がなかったので、モノクロの方がいいかな、とは感じてました。
で、試しにやってみたら悪くなかったですね。
こういうとき、デジタルは便利ですね。
by cyunpei | 2010-03-13 21:45 | Snap | Comments(2)