Akiller's Self-satisfaction Photographs


by cyunpei

日本レース写真家協会展「Competition」

c0169153_15371745.jpg

c0169153_15372415.jpg


12/4~12/17まで、新宿にあるエプソンイメージングギャラリーエプサイトで日本レース写真家協会(JRPA)の写真展が開催されていました。
ちょうど、仕事で上京することがあったので、なんとか時間を作って見に行ってきました。
写真展らしい写真展に行くのは初めてですし、このようにモータースポーツ写真に特化した写真展も少ないので何とか見に行きたいと思っていました。

行ったのが平日、しかも時間も中途半端だったのでゆっくりと見ることができました。
ちゃんと各写真の撮影データを記録したファイルがあったので、それを片手に場内を何周もしてしまいました。

それぞれのカメラマンの写真に感心しながら、いろいろ自分の写真に足らないものを考えました。
場所、構図、技術等いろいろありますが、やはり「光の読み」これに尽きるなぁ、と思いました。
とにかくどのカメラマンの写真も、順光であれ逆光であれ的確に光を読んでそれを活かしています。
この写真展のおかげで、来シーズン自分が何を心がけて撮るべきか目標みたいなものができたような気がします。

ちなみに、この写真展の中で1番気に入ったのは瀬谷正弘カメラマンの作品。
(ライディングスポーツ誌に撮影教室を連載されているカメラマンです)
コーナリング中のライダーのヘルメットの中にまで光が入り、コーナーを睨む鋭い目線と汗までがくっきりと写し撮られていました。
素晴らしい作品だったので、その場でしばらく見入ってしまいました。

またこういう写真展があったら是非行ってみようと思います。
by cyunpei | 2009-12-20 15:53 | Blog